子どもの英語の成績が上がらないと嘆く親御さんは多いようですが、その原因ってなかなかつかめませんよね。そこまで踏み込んでいくとうざがられますし、そもそも自分にそこまでの時間がないということもあります。私は色々な中学生や高校生を見てきましたが、中学生でつまずくのは本当に危ないです。何故なら英語は語学であり、一度つまずけば何年生であろうとそこまで戻らないといけないからです。数学は証明問題が苦手でも、関数に入ったら得意になるなんてことがありますが、英語は文法はあるものの一つの言語です。
つまずきポイントは多々ありますが、中1だと三人称単数でつまずく子が多いです。その時はわかっていても、後になってすっかり忘れてしまってあとがグダグダになるパターンもです。実際にわからないという子がどこでわからなくなったのか突き詰めていくと、最終的に日本語に辿り着いたことがありました。
まず、主語が三人称単数か否かを確認していくとボロボロで、複数形がわかっていないことが判明しました。だからそこを再度復習したのですが、単数形もわかっていませんでした。よってそこまで戻ったのですが、実は日本語の「わたしたち」や「彼ら」が複数形であることがわかっておらず、ここを暗記するという作業になったのです。
このように、根気よく突き詰めていかなければその子がどこで英語を「わからない」としているかこちらもわかりません。非常に時間のかかる作業で、脳が発達するにつれてある日ポン!といとも簡単にわかる日が来たりもします。受験の関係でそこまで待てないのがほとんどだと思うので、学校の授業でやっているところについていくにはアルファベットまでさかのぼる必要があるかもしれません。
英語の点数が落ち始めたらそれをまた上げるのは非常に困難です。定期テスト対策は暗記で対処できるのですが、受験や模試で苦手が顕著に出始めます。自分で勉強できる能力がない子であれば、塾や英会話教室などに助けてもらう必要があります。我が家では、千葉の英会話教室で英語検定の勉強をし英語力がアップしました。

PR|サプリメント|お小遣いNET|心の童話|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|JALカード|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|サプリメント|オーディオ