教育業の仕事をしていると、生徒から「どうしたら英語ができるようになりますか」という質問を受けることがあります。私はこれにどうもうまく答えられません。「どうしたら足が速くなりますか」と聞かれているような気分なのです。

考えてみると、私は英語を日本語を入れて考えることが昔からあまりなかったように思います。教科書通りに日本語も覚えるのですが、単語を覚えたとしてもそれを日本語で考えるのではなく、ニュアンスをとらえているようなのです。英語を他言語で言い換えるのではなく、イメージやニュアンス、感覚でとらえることによって、膨大な日本語訳を覚える必要が全くないのです。これをしていたから、楽に英語ができるようになったのかもしれません。

しかし、英語教育が日本語を介している以上この脳の仕組みを学校で作り上げるのは無理なので、帰国子女や留学するなどの方法をとらなければなかなか理解しがたいものなのかと思います。私は生まれも育ちも日本ですが、どうしてこのような捉え方をしているのかは自分でも全くわかりません。